南阿蘇農園のハーブ日記
ただの田舎じゃない熊本県・南阿蘇村。ココではじまったハーブ栽培の日記です。
http://minamiasonouen.blog.fc2.com/

 

レモングラス収穫の真っ最中ですが、来年の作付のため、土作りに必要なぼかし肥料を仕込みました。米ぬか、油粕及び魚粕を攪拌機で混ぜ合わせ、その後、乳酸菌や酵母及び光合成細菌等の有用微生物を培養した活性液と糖蜜を溶かした水を加えて更に混ぜ合わせ、これを保管容器に入れて足で踏み込みながら仕込みました。嫌気発酵させ約2ヶ月で完成する予定です。ぼかし肥料は、圃場の有用微生物の増殖・定着を促します。有用な微生物は、作物に必要なアミノ酸やビタミン等の養分を作り出すとともに、腐敗菌を抑制し病害虫からも作物を守り、圃場のハーブを健全に育ててくれます。

DSC_0598_convert_20170909093942.jpg

DSC_0599_convert_20170909093712.jpg



 
スポンサーサイト
6月の初めに播種してから3ヶ月が経ち、人の背丈を超える程に成長しました。
幼苗の頃、草取りに苦労をしたのがウソの様に雑草を抑えて我が物顔で圃場を埋めています。
レモングラスの収穫が終える10月中旬以降、収穫を始める予定です。

DSC_0589_convert_20170903155545.jpg

DSC_0590_convert_20170903155625.jpg
 
お盆明けからレモングラスの収穫を始めました。今年は、適度な雨と日差しを浴びて大きく成長してくれた様に思います。
成長したレモングラスを抱え込み鎌で1株づづ刈り取り、毎日約200kg程収穫し、裁断・乾燥をして摘みたてのハーブティーに加工します。

DSC_0546_convert_20170817200935.jpg

DSC_0544_convert_20170817200805.jpg
 
ローズマリーは、農園のハーブの中で最も早く新しい芽を伸ばしましたが、レモンバーム、カモミール、ステビア、エキナセア、ぺパーミント等の収穫を終えて、ようやく収獲を迎えました。
今年新しく伸びた部分を約20cm程に刈り取り乾燥した後、葉の部分だけを選別し調味料等の原料に使います。
香りが強く、記憶力や集中力を高める作用がある他、細胞の老化を防止する抗酸化作用があることから、若返りのハーブとも呼ばれています。
DSC_0161_convert_20170730153521.jpg

DSC_0164_convert_20170730153659.jpg

 
エキナセアが開花し、雨の中にも満開の花が映えています。
エキナセアには免疫力を高める効能があり、ウイルスや細菌の侵入を阻みます。エキナセアのハーブティーを飲むことで風邪やインフルエンザを予防します。花の咲く今のエキナセアが最も薬効があるので、約600株の背丈の高くなったエキナセアが風雨で倒れる前に収獲したいと思います。
DSC_0126_convert_20170625125751.jpg

DSC_0127_convert_20170625125912.jpg
 

chi.chi

Author:chi.chi
南阿蘇農園へようこそ!

未分類 (36)
ハーブ (72)
南阿蘇村 (3)

このブログをリンクに追加する




 
*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 南阿蘇農園のハーブ日記, all rights reserved.